骨肉腫に冷凍治療

  • 2013/09/25(水) 18:26:11

骨肉腫の治療に驚きの冷凍治療

テレビを視ると、6歳の小女が左足の大腿骨に、骨肉腫と言う極めて
珍しい悪性の腫瘍(癌)があり、その治療過程が報道された。

少女に抗がん剤で治療するが、効果が低く、遂に足を切断する危機と
なり、両親は、幼い女の子の足を救うべく、あらゆる情報調べるが、
良いものが無く、この間医師の切断の進めに必死の抵抗して、他の
治療法を探していました。

7ヶ月も過ぎた後に、金沢医科大学の冷凍治療を見つけ、大学の検査を
受けたのですが、可なり難しいと言われましたが、医師が驚異の手術の、
癌のある大腿骨を切断して、癌の部分を絶対温度のマイナス273℃で、
癌を殺し、その骨を再び、体内に戻して固定し、足を回復させる方法を
提案したのです。

ただ、冷凍した骨を、徐々に常温まで戻す時に、ひび割れなどが起こる
可能性がありました。ので、見ている私も大変に緊張しました。

その後の結果ですが、その子は、元の活発な子供に戻ることが出来ました。

めでたしの話ですが、骨の癌を除去して痛んだ骨を使い、再生する
驚異の治療を初めて知ることが出来ました。

人の体の強さを見せつけられたニュースでした。