中性脂肪にEPA・DHA で壮健ウエストダイエット

  • 2013/03/13(水) 14:34:57

メタボ症候群で一番気になるのがお腹に蓄積される内臓脂肪となる中性脂肪です。

内臓脂肪を減少するには、食事療法と運動が重要ですが、食事の節食と、運動の継続は、中々意のままにならないのが実情ですね。

そこで、この中性脂肪を食物で減らす方法に、サラサラ血液話題の背青魚から魚油の不飽和脂肪酸を摂取することがあります。

これは、善玉コレステロールを増やす、EPA・DHAが、多く含まれている理由からで、この善玉コレステロールは、血管の障害となるLDL悪玉コレステロール脂肪分の血管付着を、掃除する役割を果たしてくれます。

その為に、血液サラサラ成分と言われているのです。

そのこで、気になるメタボ退治ですが、このEPA・DHAを凝縮して摂取しますと、中性脂肪の減少するわけですが、毎日厚生省が推奨する、1gの必要量を摂取することは中々難しいことで、最近の臨床試験から、中性脂肪減少に確かな効果が期待できる、EPA・DHAサプリメントを、手軽な形で補給をすることが推奨されているのです。

EPA・DHAは、中性脂肪の減少はもとより、血管を若く維持することで、動脈硬化、高脂血症、皮膚病、脳血管障害、脳卒中、虚血性心疾患、高血圧など、関連する疾病の予防や治療に、大いに期待が持てるわけです。

4〜12週の中期に低脂肪を確かに減少させる「特保食品」

【関与成分および栄養成分表示】1本(100ml)EPA 600mg DHA 260mg

「イマークS」お試しセットで ¥1050 送料無料